仕事・趣味、耳より不動産情報、その他日々のことを気まままに書いてます。


by chiwatari
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2005年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

日経新聞で「制服の復活 なぜ相次ぐ?」という記事がでていました。
金融機関などがオフィスの制服を相次いで復活させている。市場動向でも引き合いが増えているらしい。
顧客アンケートでも、女性や高齢者を中心に制服着用の方が見栄えがよいとの答えが多かったという。大企業では個人情報保護法の影響もあるとのこと。(部外者が一目でわかることが理由)

政府は「クールビズ」を提唱しながら、かたやオフィスでは制服の復活。「クールビズ」は実際どうなのかな?

d0001806_1657236.jpgd0001806_16574917.jpgさくらホームも5月から制服にしました。
この制服のスカーフは「ERAシンガポール」の女性スタッフが着けていたもので、すごく良かったので頼んで取り寄せました。評判は上々です。
(写真は本部の女性スタッフ。いつも会社内で遅い時間まで頑張っています)

「ERA」とは、世界30カ国、3,000店の不動産国際ネットワークです。
昨年は「ERA韓国」を全員で会社見学に行き、今年の1月には「ERAシンガポール大会」に、2月にはジャカルタでおこなわれた「ERAアジア太平洋大会」へ参加してきました。このようなところに参加することは、とてもいい刺激になります。(ぜひ国際的に仕事をしてみたい・・)
d0001806_1850075.jpg
     ↑ERAシンガポール大会 (このスカーフと同じ、わかるかな?)
d0001806_18501556.jpg
    ↑ERAアジア太平洋大会 ERAインドネシア本部にて

やはり不動産の女性営業スタッフが多く、ERAのスタッフの一員であることや、ERAのスーツを着ることに誇りをもっているとのことでした。アジア地域でも成績優秀者は女性です。


話は変わり民謡の話ですが、d0001806_17182132.jpg一昨日の6月24日に、テレビ収録をおこないました。放映は7月31日NHK総合テレビのPM2時からです。
ぜひ見てください! 「それいけ!民謡うた祭り

写真は、ラッキィ池田さん(赤色の服)に番組オープニングの振り付けを習っている風景です。
さすがに頭に象のジョウロはのせてませんでしたが、とても感じのいい人でした。司会の伍代夏子さんが、すっごくきれいだった。
d0001806_2116431.jpg

                  この姿で出演します→
[PR]
by chiwatari | 2005-06-26 18:24 | 日記 雑記

「金沢県」があった!

「金沢県」があったとはびっくり!
最近、読んでいる本に、「金沢県」のことが書いてあった。

明治2年の版籍奉還で「加賀藩」は「金沢藩」が正式名称になり、続いて、明治4年の廃藩置県で、金沢藩は「金沢県」となった。
しかし、翌年の明治5年に、突然、県庁を金沢から美川に移した。
移転と同時に、県名を「美川県」に改称しようとしたが認められず、新しい県名は、石川郡からとった「石川県」になっった。
明治6年には、再び県庁は金沢に戻されたが、名称は再び「金沢県」には戻らなかった。
美川県庁時代は1年にも満たなかった。


この流れを見ると、美川に県庁を移転しなければ、金沢県のままであった可能性は高い。
当時、東京・大阪・京都に次ぐ大都市だった金沢に比べると、北前船の寄港地である美川では比べようがない。しかし、今の県知事にあたる大参事内風政風は、薩摩藩出身で、金沢藩の藩士がたくさん残る城下町はわずらわしかったので、突然、美川に移したとの説もある。

薩摩藩出身の知事のわがままで、金沢県がなくなった・・とは考えすぎ?

d0001806_1310285.jpg全然関係ないと思うけど、北陸自動車道から見える看板の写真を1枚。
「美川県一の町」
美川憲一さんを、かけたものかと思ったけど、それだけではないかもしれない。
実際に美川県をつくろうという話があったのだから。
今年から美川町もなくなって白山市・・・・

いまや、「石川県」誕生の元になった、「石川郡」は、1町しかなく、「野々市町」のみ。石川県石川郡野々市町若松町1-5、これは当社の住所です。
この話題は合併問題がからみそうだから止めよう・・・。
[PR]
by chiwatari | 2005-06-21 13:46 | 日記 雑記
「石川県」のことを少しまとめてみた。

   ■日展入選者数は13年連続1位 
     人口100万人あたりで、全国平均の51人の6倍以上で313.9人。
     2位の京都は190.9人、3位の富山県は187.3人
   ■日本伝統工芸展入選者数は4年連続1位
     人口100万人あたりの人数は、石川県が223.7人
     全国平均は17.5人で、2位の佐賀は109.8人で石川はダントツ。
   さすが「美術王国」石川県!

   ■震度1以上の有感地震回数は全国最少で7年連続1位。
    過去30年で73回(全国平均394回)


   ■産業展示館展示場の面積(1000事業所あたり449.7㎡) 
    4年連続1位

   ■児童福祉施設定員数(1000人あたり32.4人) 
    4年連続1位
   ■公共体育館面積(1000人あたり) 2位


   ■一世帯あたりの年間消費支出金額
     すし・・1位 ブリ・カニ・・2位
     その他の全国トップでは もち、レンコン、口紅・・・


   ■ユニセフ募金額(1000人あたり2767円)は1位
   ■年賀はがき差し出し枚数(一人あたり33通)は2位
   ■献血量(10万人あたり)3位

   ■大学・短大・専門学校数(10万人あたり) 3位
   ■書籍・雑誌の購入額 5位

   ■一人あたりの居住室の畳数 3位
   ■高年齢者の就職率 3位



 以上は、新聞記事や指標を参考にしたものですが、これを簡約すると、
石川県は、地震が少なくて安全な県であり、産業展示館や児童福祉施設を充実させ、産業と福祉に力を入れている。
県民性も、募金・献血や年賀はがきを律儀に出し、美術や伝統芸に秀でて、書籍も多く購入し勤勉。
大学・短大・専門学校が大都市に次いで多く、若い人が多いが、高齢者もたくさん働いている。
女性はオシャレで口紅が大好き、さすが加賀美人。

 う~ん。なかなかいい県じゃないか・・。
 石川県に住んでみませんか?不動産のことなら「さくらホーム」へ!
[PR]
by chiwatari | 2005-06-20 13:08 | 日記 雑記

My システム手帳

民謡の話題が多かったので、他の話題を・・・・・・

d0001806_23271447.jpg僕のシステム手帳です。
「ファイロファックス社製システム手帳 バイブルサイズ」使い初めてから2年目になります。
なぜ、このシステム手帳にしたかというと、熊谷正寿さんの「一冊の手帳で夢は必ずかなう」という本を読んだからです。

d0001806_23283210.jpgこの本の中で、熊谷さんが、このシステム手帳を使っていると書いてあり、どうせ買うなら同じものにしよう・・と思ったわけです。

熊谷正寿といえば、「GMOインターネット」の代表取締役会長兼社長。6月に東証2部から東証1部に指定換えをはたし、社名も「GMO・グローバルメディアオンライン」から「GMOインターネット」に社名変更。前期の売上235億円 経常利益が28億円 時価総額1644億円という、とてつもない会社。
1963年生まれで若干41才。なんと僕と同じ年。

なぜ、この会社に興味があるかというと、同じ年齢といいうこともありますが、本当の理由は、株を保有していること。買ったのは昨年の2月頃だったから、今の価格は2倍以上。今日も2%上昇していました。熊谷社長ありがとう!

d0001806_23313143.jpg話を手帳にもどして、左の写真は、会社を設立してからの手帳で、1994年から全て揃っています。
先日10年前の創業したときの手帳を見てたら懐かしい記帳が・・。宅建免許が、なかなかおりなくて、同業者に甘くみられ、泣く泣く取引をしたこと。(おかげさまで業法違反にならなかった・・ハハハ・・)お金がなかったから必死だなー。役員報酬もまったく取れなかったからなぁ・・。

第2営業部の飛田課長も、少し前に、僕の真似をして「ファイロファックス社製のシステム手帳」を買いました。でも、僕の手帳の方が、少しグレードが上だったはず・・・(いらぬ見栄を・・)。

初心に戻ったところで、明日からもがんばろう!
[PR]
by chiwatari | 2005-06-17 23:42 | 日記 雑記
d0001806_18381077.jpg5月29日 兼生会東京公演の新聞記事です。http://www.hokuriku.chunichi.co.jp/00/bunkac/20050530/ftu_____bunkac__000.shtml
浅草公会堂は、ほぼ満席。時間を1時間延長して終了。ありがとうございました。

残念だったのは、当日に帰らなければならなかったので、「打ち上げ」ができなかったこと。
でも前日は、しっかりと浅草の民謡酒場で唄って踊って盛り上がっていました。民謡酒場とは、ライブハウスの民謡版のようなもので、リクエストに応じて生で演奏してもらえます。もちろん飛び入りで唄うこともできます。
下↓の写真は「兼生清八」さん。唄も踊りもできる強者です。d0001806_1923460.jpg
d0001806_18405064.jpgd0001806_1841125.jpg






あとは浅草寺の夜のライトアップです。酔っぱらってホテルに帰る途中に撮影。すごくきれいだった。


6月11日 「百万石まつり」が開催されました。わが「加賀百万石太鼓」は、尾山神社で、奉納太鼓を演奏してきました。
d0001806_18452469.jpgでも百万石行列と同じ時間なので、今年も変わらず観客が少ない。別に見せるために、やっているんじゃないからいいけどねー。(負け惜しみ半分)
太鼓演奏終了後、百万石行列を見学。今年の前田利家役は、赤井英和さん。これがサマになって格好いい。夜の「踊り流し」は、今年は中止でした。


6月12日 「平成17年度 北陸地区の民謡民舞春季大会」が、新湊市中央文化会館で開催されました。兼生会は「安宅の関所音頭」で4位。
この「春季大会」は、秋に国技館でおこなわれる全国大会の予選にあたるので、今年は全国大会に参加できず。 残念!


それいけ!民謡うた祭りというNHKテレビ番組の公開収録が、6月24日に富山県上市町で行われることになり、そこに踊り手として出演することになりました。
僕の踊る民謡は、「古代神」「麦や節」なのですが、これが難しい・・。なんせ練習を全くしていない。真面目に練習しなければと思うのですが、いつもぶっつけ本番。
先生も、何とかなると思っているようだから怖いよな~。今回はちゃんと練習しよっと。

7月31日にNHK総合テレビで14:00~から放映されますので、暇な人は見てみてください。映っているかもしれません。



最近のブログは、趣味の話ばかりで、まったく仕事をしてないのでは・・?と思っている人も。
そんなことはありません。仕事も楽しく真面目に一生懸命。最優先です!

■石川県不動産情報サイト http://www.sakura-home.co.jp
[PR]
by chiwatari | 2005-06-15 16:46 | 民謡民舞