仕事・趣味、耳より不動産情報、その他日々のことを気まままに書いてます。


by chiwatari
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:日記 雑記( 60 )

明日から、さくらホームの新しいCMが放映されます。
CMモデルは、長野真歩さん。いい感じに仕上がりました!
http://youtu.be/jgRc7uVIrmE
[PR]
by chiwatari | 2012-02-08 19:49 | 日記 雑記
1月3日は、毎年恒例の、野々市のクラプトンで、「ヴァイオリンの弾き初め」です。
4時から10時までの延々と6時間も。 みなさんお疲れさまでした。

ほとんど飲んでばかりでしたが・・・。
d0001806_16315381.jpg

d0001806_1632988.jpg

[PR]
by chiwatari | 2011-01-05 16:34 | 日記 雑記

ツイッターの設定

ブログに投稿するとツイッターにも投稿される機能があるらしい。
やってみよう。
[PR]
by chiwatari | 2010-08-28 12:26 | 日記 雑記
翌日(14日)は、ぜひ来て見たかった奥入瀬渓谷へ。

弘前から、黒石市を過ぎ、そこから峠を越えたところが奥入瀬渓谷。
朝から雨が降っていましたが、奥入瀬に着いた途端に晴れた。
これも日頃のおこないが良いから??

奥入瀬渓流は、十和田湖から太平洋に流れる川で、道路と川の高低差がほとんどない。
こんな景観は何キロも続く。

下流から上流へ上っていくのが良いとのことなので、そのとおりに渓流散策をしました。
d0001806_22252192.jpg

d0001806_2225377.jpg
d0001806_22254892.jpg

d0001806_2226326.jpg

マイナスイオンをたっぷり浴び自然を満喫。
ここは時間を、たっぷりとって、もう一度、必ず来よう!!

その後は、十和田ホテルへ。(以下、ホームページより抜粋)
十和田ホテルは、昭和十五年の東京オリンピックを前に、日本を訪れる外国人観光客のための宿として、政府の要請で建てられたホテルのひとつ。
秋田県が昭和十一年に着工、十三年に完成し,十四年にオープンしました。
当時、秋田・青森・岩手の三県から宮大工八十名を集めて技術を競わせたと伝えられていますが、日本三大美林の天然秋田杉の巨木を巧みに配した木造三階建てで・・・・

街中から外れた山の中にあるホテルで、周りには何もありません。
とっても雰囲気の良いホテルでした。
決して高いホテルではありません。どちらかというと安いほうです。
d0001806_22365613.jpg

d0001806_2239977.jpg


15日は、8時にホテルを出発。
東北自動車道路は渋滞になるかと思い、日本海側7号線を下って金沢へ。
結局13時間かかり、到着は9時。あとでニュースを見ると、今年の渋滞はひどくなかったらしい。
最後に失敗したかな。
[PR]
by chiwatari | 2010-08-23 22:39 | 日記 雑記

温泉三昧2 嶽温泉

翌日13日の朝は、仙台から弘前へ向けて出発。
台風も通り過ぎて、暑い日の始まりです。

法事と墓参りを済ませ、この日は近所にある嶽温泉に宿泊。
ここは岩木山の麓にある昔ながらの湯治場。

共同洗面・トイレのこじんまりした、温泉宿ですが、こちらに来ると大抵ここを宿にします。
源泉かけ流しの、白い温泉で、たっぷりした湯量が心地いい。
たぶん硫黄を含んだ温泉だと思うけど、そんなに臭くはありません。
毎回、思うが、この温泉は本当に肌がつるつるになります。間違いなく女性の方は満足します。
d0001806_21575848.jpg


夜は、かなり小さいですが‘ねぷた’が動いていました。
青森では‘ねぶた’といいますが、弘前では‘ねぷた’といいます。
d0001806_2204453.jpg

[PR]
by chiwatari | 2010-08-23 22:00 | 日記 雑記
今年の休暇は、この暑い中、東北~能登へと、いろいろと行ってきました。

8月12日は、10時まで会社に仕事をしてから東北向けて出発。
この日は台風が接近中。
台風から逃げるように東北に向けて移動しましたが、しっかりと追いかけてきて、仙台へ夜半過ぎに来襲したそうです。寝てて憶えていませんが・・

金沢から、仙台秋保温泉へは約6時間。夕方5時ころ到着。
秋保温泉は仙台ICから10分くらいのところ。人口の多い仙台市近くの温泉ということもあってか、規模の大きな温泉ホテルが多い。

宿泊した宿も大きく、露天風呂の種類が多いことは満足ですが、消毒の臭いが鼻についたのが少し残念。
d0001806_2128306.jpg

d0001806_21285050.jpg



ここは磊々峡という峡谷に沿いにある温泉地です。
朝5時ころに起きて散策してきました。
台風の影響もあり水は濁っていましたが、その分、空気が心地よかった。
d0001806_21223035.jpg

d0001806_21233644.jpg

[PR]
by chiwatari | 2010-08-23 21:37 | 日記 雑記

ゴールデン・スランバー

久しぶりに映画をみてきました。
ゴールデンスランバー
伊坂幸太郎の小説が映画化された作品ですが、興味を持ったのは、映画の題名が、ビートルズの楽曲であるということ。

この曲を知らない人も多いのではないかと思う。

数年前(1~2年前?)に発売された、デジタル・マスター版のCDアビイ・ロードにも、この曲が収録されているが、改めて聞くと、あれっ?と思う。

それは、この曲が短くて次の曲と同じ曲に聞こえるからだ。
CDでは、
・14 ゴールデン・スランバー
・15 キャリー・ザット・ウェイト
・16 ジ・エンド

となっているが、実際には、3曲がメドレーとなっていて1曲の長さは1分半ほど。
そして「ゴールデン・スランバー」と「キャリー・ザット・ウェイト 」の曲の変わり目は、別の曲だと全く分からないほどスムーズに入れ替わる。
次の曲の「キャリー・ザット・ウェイト」は、ビートルズ好きの人であれば、いちどは口ずさんだことのある曲なので、「ゴールデン・スランバー」は記憶されにくいのかも。(曲は、下にユーチューブを貼り付けてあります)

あらためて聞くと、本当にいい曲!です。


さて、映画「ゴールデンスランバー」ですが、(以下、ネタバレ)

「首相暗殺」という、突拍子のないところから始まり、暗殺犯人に仕立てられた主人公が、とにかく逃げるだけの映画。
犯人探しをすることもなく、とにかく逃げるだけのストーリー。
現実では考えられない場面もある。(とくに日本では)
ミステリーでもアクションでもなく、コメディでも恋愛でもない。
難しく考えてはいけない映画。

映画「ゴールデンスランバー

伊坂幸太郎の作品らしい独特の世界観(小説観)です。
伏線の張り方などは、いかにも、作者らしい。

好き嫌いはあると思いますが、僕はツボにはまりました。
いい場面で流れる「ゴールデン・スランバー」が何ともいえない。
最後は、主人公は悲惨なのですが、温かい心にさせてくれるいい映画でした。


↓ ゴールデン・スランバー ~ キャリー・ザット・ウェイト ~ ジ・エンド

[PR]
by chiwatari | 2010-03-30 18:17 | 日記 雑記

「KUSAMA」 さん

さくらホームの隣にある「KUSAMA」さん。昼食は、ほとんどここで食べています。
d0001806_228175.jpg

日替わりランチは880円。結構おすすめで、料理は5品~6品でボリュームたっぷり。コーヒーと、マスターの会話もセットになっています。

以前、片町でBARを経営していたとのことですが、いまは、野々市で「飲・食・遊」をコンセプトとした店になっています。がっちり食べて飲める、いい店です。

d0001806_2211635.jpg

これは、野々市のジャズBar「さっちも」さんで。結構、気が合うので飲みすぎに注意。
[PR]
by chiwatari | 2010-03-25 22:32 | 日記 雑記

祝! ブログ開設5周年

なんと、ブログを始めて5年も経過していました。
最初の投稿は、2005年3月12日
http://sakurahome.exblog.jp/5915067/
意外と長くやっていたんだな~

よしっ! これを機会に、もう少し更新していこう!


当社CM出演の 荻野なおさんのブログに、撮影時の記事が掲載されていました。
http://ameblo.jp/ogino-nao/entry-10458103929.html
宣伝していただきありがとうございます!いまのCM、評判がいいいですよ~
CMはこちらまで
[PR]
by chiwatari | 2010-03-24 20:25 | 日記 雑記
10月17日(土)国際ホテル「N365」で、ある会社のパーティで演奏してきました。
ある会社といっても、しっかりした東証一部上場企業。
・・・恐れ知らずというか分かってないというか・・・・・・・
d0001806_18533876.jpg


演奏した曲は、
 ・交響曲第25番  モーツァルト
 ・アリア~ガボット バッハ
 ・トロイメライ シューマン
 ・トゥーランドットより誰も寝てはならぬ プッチーニ
 ・幻想即興曲 ショパン
 ・チャールダッシュ モンティ
 ・チャイコフスキーメドレー
 ・ボレロ ラヴェル

 最後にアンコールで、先生がチェロで「おくりびと」を演奏しました。
[PR]
by chiwatari | 2009-10-19 18:53 | 日記 雑記